早期発見で体に負担が少ない免疫療法が可能になる

女性に多いがんの病気とは?

女性に多いがんは、乳がんです。年間に乳がんを罹患する人の数は、およそ八万人前後です。年度によっても違うのですが、一般的に乳がんの年間罹患者数は大腸がんや胃がんのそれよりも多くなっています。しかし一方で、乳がんで死亡する人の数は少ないというデータも出ています。

手術療法と化学療法の違いについて

身体にメスを入れるかどうかが大きな違い

手術療法では、身体にメスを入れることとなります。最近は内視鏡を使って身体への負担を最小限に抑える方法もよく使われていますが、それでも傷は付きます。化学療法はメスを使わないので、身体に傷を付ける必要はまったくありません。

治療が終了するまでの期間が違う

化学療法には身体に傷が付かないというメリットもありますが、治療期間が長くなってしまうというデメリットもあります。手術療法なら準備やアフターケアを含めて数週間で治療が終わることもありますが、化学療法は半年から数年の継続が必要になります。

肺腺がんも早期発見で免疫療法で治すことが出来る~検診を受けよう~

ドクター

がんを発症した時に見られる症状

がんの種類によって初期症状にも違いが生まれます。例えば乳がんの場合なら、乳房にしこりができたり、引きつりができたりします。それによって罹患可能性に思い至り、乳がん検診を受けることもできます。肺がんなら長期に渡って咳が続いたり、痰に血が混ざる場合があります。
しかし、肺腺がんのように初期症状が分かりにくいがんも少なくありません。内部的に進行し、気付いたときには手遅れになっているというパターンも多いのです。少しでも痛みを感じることがあれば、がんの可能性を疑ってみる必要がありますし、痛みがなくてもがん検診を受けるのが最善です。

早めの検査が大切!

がんは、早期発見ができればそれほど怖い病気ではありません。早期発見ができたなら、がん細胞を完全に体内から取り除いてしまうことも可能だからです。
がん治療の方法についても、早期発見ができているなら多彩な中から選べます。手術療法はもちろん、化学療法や免疫療法で様子を見ることも可能なので、治療自体も比較的穏やかに進めていけます。日常生活を送りながら通院だけで治療を進めていくことも可能になるため、とにかく早めに検査をして早期発見を心がける必要があります。

病院を受診する時の流れ

本格的な検診ならまずは申し込みから

本格的にがん検診をする場合には、事前に申し込みをするのが普通です。特殊な装置を使わなければ適切にがんの発見ができないこともあり、予約がなければ病院側も対応が難しくなります。予約は電話ですることもできますが、病院によっては正式に申込書が郵送されてくることもあります。

送られてきた申込書を返送する

正式に申込書が送られてきた場合には、必要事項を記入して返送をすることで申し込みが完了となります。受診日についてのお知らせや検診同意書、さらには問診票やアンケート類が送られてくるので、これらにも必要事項を記入して返送します。

予定日に病院に行って検査をしてもらう

ほとんどのがん検診は、一日で終了します。しかし、肺がんコースや乳がんコースなど、コースによっては調べる部位も使用する機器も異なります。検査工程も複数に分かれているため、医師や看護師の指示に従って検査を進めていくこととなります。

後日検査結果が郵送されてくる

検査の結果は、その場ですぐに出るものとそうでないものに分かれます。血液検査をした場合には、血液を別の機関に持ち込んで調べてもらう必要も出てきます。そのため、すべての結果が出揃うまでには数週間という時間がかかることもあります。後日正式な書類が郵送されてくるので、それを受け取ってはじめて、すべての工程が終了します。

[PR]NK療法をチェック
最先端の治療法を確認しよう

[PR]大腸内視鏡検査を名古屋で利用
病院を簡単に選べる!

広告募集中