治療方法をしっかり把握しよう~がん治療の基本知識~

適切ながん治療と再発させない為の対策が必須!

ガン治療に利用されるガンマナイフとサイバーナイフの違い

ガンマナイフでは頭部の固定が欠かせない

ガンマナイフは、200個以上ものコバルト線源からガンマ線を放出します。適切に腫瘍を攻撃するためには、頭部の固定が欠かせません。金属製のフレームで頭部をしっかりと固定するため、患者の肉体的・精神的な負担は大きくなります。サイバーナイフなら、軽い固定だけで済ませられます。

頭部以外の場所にも使用可能なサイバーナイフ

サイバーナイフは、比較的自由に動くロボットアームからX線を照射していきます。そのため、ロボットアームの可動範囲内であれば頭部以外の場所にも使えます。一方のガンマナイフは、可動域がゼロに等しいので、基本的には頭部の治療にしか使えません。

人気のがん治療ランキング!ベスト3

no.1

完治の可能性が高い手術療法が人気

がんは、見逃しや再発が怖い病気です。リスクを少しでも低くするために、手術をして病巣ごと体外に排出したいと考える人が多いです。転移が進むと手術は難しくなりますが、早期発見ができているなら割と簡単な手術で完治が狙えます。

no.2

人体へのダメージが少ない化学療法

化学療法も根強い人気を保っています。抗がん剤を使って治療を進めていくのですが、手術の必要がないので人体にダメージが残りません。手術には体力が必要ですから、高齢者は化学療法を選択する割合が多いです。他の治療法との併用も可能で、がん治療の現場ではよく選ばれています。

no.3

緩和ケアにも使われる放射線治療

三大療法の一つに選ばれていることからも分かる通り、放射線治療も人気は高めです。この方法は根治を目指すときにも使えますが、緩和ケアの現場においても便利なものとなります。骨転移が始まった場合には激しい痛みが発生するのですが、放射線治療でならその痛みを和らげることができます。

治療方法をしっかり把握しよう~がん治療の基本知識~

人形

病院を選ぶ時のポイント

がん治療をするときには慎重に病院選びをすることとなります。病院を選ぶときのポイントはいくつかありますが、まず第一に「がん診療連携拠点病院」に指定されているかどうかを調べます。
厚生労働省によって一定以上の治療水準があると認められなければ、この指定を受けることはできません。ですから、「がん診療連携拠点病院」と表示がされている病院なら、大きな後悔をすることはなくなります。
その他、指導医や認定医が在籍しているかのチェックも欠かせません。

再発をしないための対策法

がんの再発を防ぐ方法は、大きく分けると三つあります。
一つが、生活習慣の改善です。タバコやお酒など、がんの発生に大きく寄与していると言われるものは、控えておくのがベストです。
また、適度に運動をして免疫力を高めることも、再発防止には効果的です。
早期発見ができれば転移も防げますから、一度がんを根治した人でも定期的にがん検診は受けなければいけません。
この三つの方法以外にも、例えば自主的に薬物療法や放射線療法を受けるという方法も考えられます。

広告募集中